がんストーリーは突然に~46歳、働き盛りの2児の母が直腸がんになった話~

2018年夏、元気印の働く母が突然がん患者になっちゃった…入院そして外科手術を経て、まだまだ続くがんストーリーを綴ります。

退院し、ストーマ生活が始まり、なんだか疲れやすい体になったみたい

2018年9月2日(日) がん研有明病院から退院し、我が家に戻って来て二日目。朝から雨だけれど、長男のサッカーの試合があるので、夫と二人で応援に行くことにした。車での移動だし、まぁ体力的にも問題ないかな…と思って。 ところが。 ただ車に乗っているだ…

入院15日目:術後11日目 ついに退院の日!さよなら有明、そして思いがけず思い出の東天紅でランチ♪

2018年8月31日(金) ついに退院の日となった。 朝は普通に目が覚めて、また素晴らしい朝日を望むことができた。 そのことについては Facebook と本家ブログにアップしたので ここには書かないけれど。 calorina.hatenablog.com 朝陽を見た後、病棟内でまた…

入院14日目:術後10日目 退院前日はなんとなく名残惜しい気持ちになる

2018年8月30日(木) いよいよ明日退院。退院前日の朝は… やった!今日は朝陽が見られました。 いつもの窓辺の定位置で、しばし朝陽を見ながら本を読んで過ごしました。 今日は10時からシャワー&最後のストーマパウチ交換。ちゃんとできるかな…と、朝からや…

死に方を「自分で決めること」の難しさ、大切さ~『最後の医者は桜を見上げて君を想う』を読んで

わたしは自分ががんになってみて、「死」を否が応でも身近に感じるようになったし、「死」に対する思いは、がんになる前と全然違う、と思います。 とはいえ、がんになる前には、自分が死ぬときのことを本気で考えたことはなかったから、その感情の比較はで…

平成が終わり、令和が始まって。世代交代を実感した日

大型連休中ですが、我が家はとっても普通な毎日を過ごしております。一応、後半にイベントを入れているけれど、前半はゆったりまったりと。令和はじまりの本日5月1日は、昨日撮影した藤の写真の整理などをし(念願のあしかがフラワーパークに行ってきました♪…

新年度の健康診断に、正しい便潜血検査のやり方は大丈夫ですか?  

4月も早いものでもう半分が過ぎました。桜も終わり、今度はチューリップが見ごろの横浜です。 新年度が始まり、職場の健康診断を受ける人もぼちぼちいらっしゃるのではないかと思います。はい、私も先日、さっそく受けてきましたよ。 検診前と言えば、食事制…

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】 ◆広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。(予定) 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。 Cook…

人工肛門って何?~直腸がんからの「人工肛門(ストーマ)」オストメイトになる

「人工肛門」とは何か? 人工的に肛門を作るの?どういうこと? っていうか、その言葉自体、わたしはがんになるまでよく知らなかった… ときどき、「だれでもトイレ」で見かける「オストメイト」の文字も、何のことかあまりわかっていなかった。 それが、直腸…

がんの免疫療法でノーベル賞受賞の本庶佑京大特別教授の講演会にて思うこと

朝日新聞は購読していないし、ときどきウェブ版で記事数限定のモードで読ませていただく程度なのですが、そんな私にも講演会情報がメールで送られてきました。朝日賞創設90周年記念講演会で、がんの免疫療法の発見でノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑先…

がん研有明病院のクラウドファンディングによる素敵な中庭

今日は術後6ヶ月の検査のため、久しぶりに有明に来ています。ビッグサイトに向かう人に混じり、午後3時過ぎ、国際展示場駅からテクテク歩いて病院へ。この季節は初めてなので、少し楽しみ! そう、私の楽しみは、病院5階にある中庭を巡ること。入院中、歩数…