がんストーリーは突然に~46歳、働き盛りの2児の母が直腸がんになった話~

2018年夏、元気印の働く母が突然がん患者になっちゃった…入院そして外科手術を経て、まだまだ続くがんストーリーを綴ります。

退院し、ストーマ生活が始まり、なんだか疲れやすい体になったみたい

2018年9月2日(日) がん研有明病院から退院し、我が家に戻って来て二日目。朝から雨だけれど、長男のサッカーの試合があるので、夫と二人で応援に行くことにした。車での移動だし、まぁ体力的にも問題ないかな…と思って。 ところが。 ただ車に乗っているだ…

入院15日目:術後11日目 ついに退院の日!さよなら有明、そして思いがけず思い出の東天紅でランチ♪

2018年8月31日(金) ついに退院の日となった。 朝は普通に目が覚めて、また素晴らしい朝日を望むことができた。 そのことについては Facebook と本家ブログにアップしたので ここには書かないけれど。 calorina.hatenablog.com 朝陽を見た後、病棟内でまた…

入院14日目:術後10日目 退院前日はなんとなく名残惜しい気持ちになる

2018年8月30日(木) いよいよ明日退院。退院前日の朝は… やった!今日は朝陽が見られました。 いつもの窓辺の定位置で、しばし朝陽を見ながら本を読んで過ごしました。 今日は10時からシャワー&最後のストーマパウチ交換。ちゃんとできるかな…と、朝からや…

死に方を「自分で決めること」の難しさ、大切さ~『最後の医者は桜を見上げて君を想う』を読んで

わたしは自分ががんになってみて、「死」を否が応でも身近に感じるようになったし、「死」に対する思いは、がんになる前と全然違う、と思います。 とはいえ、がんになる前には、自分が死ぬときのことを本気で考えたことはなかったから、その感情の比較はで…

平成が終わり、令和が始まって。世代交代を実感した日

大型連休中ですが、我が家はとっても普通な毎日を過ごしております。一応、後半にイベントを入れているけれど、前半はゆったりまったりと。令和はじまりの本日5月1日は、昨日撮影した藤の写真の整理などをし(念願のあしかがフラワーパークに行ってきました♪…

新年度の健康診断に、正しい便潜血検査のやり方は大丈夫ですか?  

4月も早いものでもう半分が過ぎました。桜も終わり、今度はチューリップが見ごろの横浜です。 新年度が始まり、職場の健康診断を受ける人もぼちぼちいらっしゃるのではないかと思います。はい、私も先日、さっそく受けてきましたよ。 検診前と言えば、食事制…

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】 ◆広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しています。(予定) 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。 Cook…

人工肛門って何?~直腸がんからの「人工肛門(ストーマ)」オストメイトになる

「人工肛門」とは何か? 人工的に肛門を作るの?どういうこと? っていうか、その言葉自体、わたしはがんになるまでよく知らなかった… ときどき、「だれでもトイレ」で見かける「オストメイト」の文字も、何のことかあまりわかっていなかった。 それが、直腸…

がんの免疫療法でノーベル賞受賞の本庶佑京大特別教授の講演会にて思うこと

朝日新聞は購読していないし、ときどきウェブ版で記事数限定のモードで読ませていただく程度なのですが、そんな私にも講演会情報がメールで送られてきました。朝日賞創設90周年記念講演会で、がんの免疫療法の発見でノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑先…

がん研有明病院のクラウドファンディングによる素敵な中庭

今日は術後6ヶ月の検査のため、久しぶりに有明に来ています。ビッグサイトに向かう人に混じり、午後3時過ぎ、国際展示場駅からテクテク歩いて病院へ。この季節は初めてなので、少し楽しみ! そう、私の楽しみは、病院5階にある中庭を巡ること。入院中、歩数…

大腸がんの治療について:私の場合、腹腔鏡手術+一時的人工肛門でした

がんと一口に言いましても、それが身体のどこに宿るかで呼び方も変わるんですね。わたしの大腸がんのように、臓器名+がんといったわかりやすいものから、池江璃花子選手が闘っている白血病は血液の「がん」ですし、脳腫瘍も脳にできた「がん」ですよね。そ…

入院5日目:手術翌日。歩くことさえできない屈辱感

2018年8月21日(火) 手術翌日の朝の様子は、記録がないから思い出して書いている。体中にいろんな管がついていて、鼻には酸素、左腕には点滴。身動きがとれず、本当に寝たきりとはこのことで。さすがに出産時もここまで寝たきりにはならなかったよね…。よっ…

堀ちえみさん、今日の舌がん手術頑張って!!

舌がんであることを自身のブログで公表され、今日が、切除手術のようですね。堀ちえみさん。 ameblo.jp 今朝のブログには、部屋から見えた朝陽からパワーをいただいた…と書かれていました。 もしかしたら、私と同じ病院で、あの海からのぼる朝陽を見ていたの…

入院4日目:いよいよ手術当日。その日したこと、思ったこと、そして手術直後のシンドさよ…

2018年8月20日(月) 昨夜はどうやらよく眠れたらしい。同室のAさんとBさんが何度も夜中トイレに行ったらしいのだけれど、全然気づいてない…。熟睡できたんだねぇ、不思議。自分は4時に目が覚めて、そうだそうだOS-1を5:10までに飲まねばならない!と思い出…

映画「がんになる前に知っておくこと」を見てきました

新宿のK’s Cinemaと言うところに映画を見に行ってきた。 映画、しかも新宿。 これは今の私には決して簡単なことではない。が、東京では今そこでしか上映されていないから、行くしかないのじゃ! 見た映画は 「がんになる前に知っておくこと」 ganninarumaeni…

入院3日目:手術前日。母と会い、家族と会い、あれこれ想う長い一日

2018年8月19日(日)入院前日 入院生活3日目。今朝も目覚めたら6時半だった。あまり眠れてないけど、まあすっきり起きられた。検温は36.3度、血圧は118の71で普通。 今日は何も食べてはいけない。絶食である。 8時過ぎにマグコロールの濃いめを200cc飲…

手術前日の想い:かわりゆく体と、切られてなくなるわたしの直腸と、がんへのメッセージ

今日を境に、今の私の体がおおきく変わる。 今日までの私は、もういなくなると思うと、ちょっとかなり嫌なんだけど。 こうしてテクテク何の不安もなしに歩き回れるのも、今日が最後なのかなぁとか。 明日から。明日の手術が終わってからは、全く違う自分に生…

有明から始まった、ベートーヴェン交響曲5番「運命」byコバケンさん

今日は久しぶりに池袋へ。 東京芸術劇場で開かれる、読売交響楽団のコンサートを聴くために。 人工肛門閉鎖の手術を受けた11月末以降、めっきりお出かけの回数は減り、平日の会社勤めも在宅勤務を認めていただき、ほぼほぼインドアな生活をしております… が…

2019年は朝陽と夕陽と共にスタート…新年のご挨拶。

新年あけましておめでとうございます。 夏にこのブログを始め、非常に個人的なわたしのがんストーリーをつらつらと綴ってまいりましたが、思いのほか多くの方に読者になっていただき、本当に感謝感謝でございます。いつも読んで下さり、励まして下さる皆様、…

2回目の入院を終えまして。

無事に2回目の手術を終え、昨日、退院しました。 1週間ぶりの我が家は、やっぱりいいですね。何がいいって、日中、息子たちが学校に行っている間はもう完全にフリーダム♪ 好きな時間にテレビ見て、好きな曲を大きな音でかけて、好きなマリアージュ・フレール…

本日11/30 朝8:15 NHKあさイチは必見!直腸がんの大先輩、内田春菊さんご登場です

おはようございます! いつも私のがん話にお付き合い下さり、ありがとうございます。 さて! タイトルの通り、今日これからまもなく放送のNHKあさイチは、このブログの読者さんにはぜひ見ていただきたいです。 きっと、大腸がんのメカニズムとか、現状とか、…

冬のがん研有明病院に入院することの、最高のお楽しみをもっと知って欲しい!

Twitterやインスタを見ていただいている方には周知のことでございますが、私はいま、2度目の入院で癌研有明病院におります。 前回は8月のお盆明けの入院でした。そしていま、11月末です。 この季節の違いは、有明ライフにおいて、かーなーり、大きいのですよ…

驚愕の結果が出た!アルコール感受性遺伝子検査、わが夫の場合とは

楽天で2つのキットを買い、わたしから2週間ほど遅れて「アルコール感受性遺伝子検査」を実施した夫。その結果が先日届いた。ちなみにこれは結構な個人情報であるため、郵便局員による手渡しで、簡易書留で玄関先まで届けられるのである。ちょっと大げさ…(…

青い空と向日葵~どこまでも優しくて、温かい。ステージ4を乗り越えたがんサバイバーさんの本を読みました

嬉しかった 生きてる 生きてる 生きてる 今日も一日が終わった あとは すべてが未来… (本書71ページ、そして表紙にも書かれている言葉より。) 青い空と向日葵 がん・ステージIVからの☆奇跡☆ もうね。 この言葉を読むだけで涙しました。 わたしは大腸がん、…

がんの大敵「酒」:酒飲みの傾向と対策~自分の遺伝子に聞いてみる(後編)

c-calorina.hatenadiary.jp 前編で書きました通り、 自宅での簡単な細胞採取で出来ちゃうという「アルコール感受性遺伝子検査」の存在を知り、さっそくググると、なんと楽天とかアマゾンでも売ってるんですねキットが! GENOTYPIST アルコール感受性遺伝子検…

がんの大敵「酒」:酒飲みの傾向と対策~自分の遺伝子に聞いてみる(前編)

がんになるリスクが高い人と言えば、必ず出てくる要素が ・酒飲み ・喫煙者 ・運動不足(肥満) ですよね…。いや、がんに限らず、いわゆる成人病(古いね。今は生活習慣病か。)の原因として挙げられるのも、この3つでしょう。 全部に当てはまるわけじゃない…

今夜10/19の0:25からためしてガッテンすい臓がんは必見です!

すい臓…それがどのような働きを担当しているのか、よくわからないけれど、すい臓がんが恐ろしいがんであることだけは重々承知しております。 先日他界した大叔父さんも、すい臓がんがわかってから半年の命でした… c-calorina.hatenadiary.jp どうしてもすい…

家でお酒を飲まない。では、何を飲むか?

夜の訪れが早くなりましたね。 こんな、秋が深まる夜には、しっぽりと赤ワインでも傾けたいところですが… 私はもう、自宅ではよほどのことがない限り、お酒を飲まないことに決めました。 で、最近はこればっかり飲んでます♪ ちょっとは休肝日を設けなきゃな…

人生いろいろ、がんもいろいろ~本庶佑先生のノーベル賞受賞と免疫療法のこと

京都大学・本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授がノーベル医学・生理学賞受賞を受賞されました。このニュースを耳にした私は、今までのノーベル賞の話題よりも何倍も何十倍も注目し(そりゃそうですよ、がんのことだもの!)、記者会見も聞いたし、関連記事…

がんで亡くなるということ~膵臓がんステージ4で治療をしない選択をした大叔父さん

この9月末に、私が大変お世話になった大叔父さん(父の父の弟、以下おじさんと表記します)が膵臓がんで亡くなり、葬儀に参列してきた。 おじさんが末期がんであると実家の母から聞いたのは、今年のゴールデンウイークを過ぎたころだろうか。そして、もうい…