がんストーリーは突然に~46歳、働き盛りの2児の母が直腸がんになった話~

2018年夏、元気印の働く母が突然がん患者になっちゃった…入院そして外科手術を経て、まだまだ続くがんストーリーを綴ります。

つれづれ雑記

死に方を「自分で決めること」の難しさ、大切さ~『最後の医者は桜を見上げて君を想う』を読んで

わたしは自分ががんになってみて、「死」を否が応でも身近に感じるようになったし、「死」に対する思いは、がんになる前と全然違う、と思います。 とはいえ、がんになる前には、自分が死ぬときのことを本気で考えたことはなかったから、その感情の比較はで…

平成が終わり、令和が始まって。世代交代を実感した日

大型連休中ですが、我が家はとっても普通な毎日を過ごしております。一応、後半にイベントを入れているけれど、前半はゆったりまったりと。令和はじまりの本日5月1日は、昨日撮影した藤の写真の整理などをし(念願のあしかがフラワーパークに行ってきました♪…

がんの免疫療法でノーベル賞受賞の本庶佑京大特別教授の講演会にて思うこと

朝日新聞は購読していないし、ときどきウェブ版で記事数限定のモードで読ませていただく程度なのですが、そんな私にも講演会情報がメールで送られてきました。朝日賞創設90周年記念講演会で、がんの免疫療法の発見でノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑先…

がん研有明病院のクラウドファンディングによる素敵な中庭

今日は術後6ヶ月の検査のため、久しぶりに有明に来ています。ビッグサイトに向かう人に混じり、午後3時過ぎ、国際展示場駅からテクテク歩いて病院へ。この季節は初めてなので、少し楽しみ! そう、私の楽しみは、病院5階にある中庭を巡ること。入院中、歩数…

堀ちえみさん、今日の舌がん手術頑張って!!

舌がんであることを自身のブログで公表され、今日が、切除手術のようですね。堀ちえみさん。 ameblo.jp 今朝のブログには、部屋から見えた朝陽からパワーをいただいた…と書かれていました。 もしかしたら、私と同じ病院で、あの海からのぼる朝陽を見ていたの…

映画「がんになる前に知っておくこと」を見てきました

新宿のK’s Cinemaと言うところに映画を見に行ってきた。 映画、しかも新宿。 これは今の私には決して簡単なことではない。が、東京では今そこでしか上映されていないから、行くしかないのじゃ! 見た映画は 「がんになる前に知っておくこと」 ganninarumaeni…

有明から始まった、ベートーヴェン交響曲5番「運命」byコバケンさん

今日は久しぶりに池袋へ。 東京芸術劇場で開かれる、読売交響楽団のコンサートを聴くために。 人工肛門閉鎖の手術を受けた11月末以降、めっきりお出かけの回数は減り、平日の会社勤めも在宅勤務を認めていただき、ほぼほぼインドアな生活をしております… が…

2019年は朝陽と夕陽と共にスタート…新年のご挨拶。

新年あけましておめでとうございます。 夏にこのブログを始め、非常に個人的なわたしのがんストーリーをつらつらと綴ってまいりましたが、思いのほか多くの方に読者になっていただき、本当に感謝感謝でございます。いつも読んで下さり、励まして下さる皆様、…

冬のがん研有明病院に入院することの、最高のお楽しみをもっと知って欲しい!

Twitterやインスタを見ていただいている方には周知のことでございますが、私はいま、2度目の入院で癌研有明病院におります。 前回は8月のお盆明けの入院でした。そしていま、11月末です。 この季節の違いは、有明ライフにおいて、かーなーり、大きいのですよ…

青い空と向日葵~どこまでも優しくて、温かい。ステージ4を乗り越えたがんサバイバーさんの本を読みました

嬉しかった 生きてる 生きてる 生きてる 今日も一日が終わった あとは すべてが未来… (本書71ページ、そして表紙にも書かれている言葉より。) 青い空と向日葵 がん・ステージIVからの☆奇跡☆ もうね。 この言葉を読むだけで涙しました。 わたしは大腸がん、…

家でお酒を飲まない。では、何を飲むか?

夜の訪れが早くなりましたね。 こんな、秋が深まる夜には、しっぽりと赤ワインでも傾けたいところですが… 私はもう、自宅ではよほどのことがない限り、お酒を飲まないことに決めました。 で、最近はこればっかり飲んでます♪ ちょっとは休肝日を設けなきゃな…

人生いろいろ、がんもいろいろ~本庶佑先生のノーベル賞受賞と免疫療法のこと

京都大学・本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授がノーベル医学・生理学賞受賞を受賞されました。このニュースを耳にした私は、今までのノーベル賞の話題よりも何倍も何十倍も注目し(そりゃそうですよ、がんのことだもの!)、記者会見も聞いたし、関連記事…

がんで亡くなるということ~膵臓がんステージ4で治療をしない選択をした大叔父さん

この9月末に、私が大変お世話になった大叔父さん(父の父の弟、以下おじさんと表記します)が膵臓がんで亡くなり、葬儀に参列してきた。 おじさんが末期がんであると実家の母から聞いたのは、今年のゴールデンウイークを過ぎたころだろうか。そして、もうい…

しばらくコースに出られないと思ったらゴルフの集中力は高まるのだ!

2018年8月12日(日) 今日も楽しい1日だった。父と夫と3人で久々のゴルフコースへ♪ 朝8時ちょっと前に家を出て、練習をして8時48分スタートで名寄白樺カントリークラブでのラウンド。久しぶりだったけれども、今日はとても調子が良かった。まずドライバーの…

大人の夏フェスで思いが込み上げ、涙した一日

2018年8月5日(日) 今日もものすごく暑い1日。前々から予定されていた、葛西臨海公園での葉加瀬太郎生誕50周年記念フェスティバルがあった。いわゆる夏フェス、である。夏に野外で行われる、複数のアーティストが登場する音楽イベントだ。 がんであることが…

忙しいと、がんのことを忘れられる?

2018年7月25日(水) 今日は仕事でイベントの司会をした。 その準備を含め、朝からとてもとても忙しかった… こう忙しいと、がんのことも忘れちゃうよ。 …と言いたいところだけど、そういうわけでは、ないんだよね。 本番が近づき、身支度チェックでトイレの…